SCROLL

作品情報

ABOUT

STORYストーリー


その愛は、に染まる・・・

今からおよそ600年前のイングランド王国
100年間もの長きにわたる戦乱の世にあった。

世に言う百年戦争である。

終わらない戦いの日々
戦火の煙は黒いベールとなって空を覆い尽くし
黒死病が蔓延し
人が死に
ヴァンパイア達さえも飢えた時代
漆黒の甲冑をまとった黒の騎士が戦場を駆けた。

エドワードである

時代は・・・
黒に魅入られていた・・・

今 MARS REDの秘話が明かされる

CHARACTER登場人物


イングランド軍

エドワード黒太子

Edward, the Black Prince

Cast: 鈴村健一

〜黒死病に倒れた黒い騎士〜

幼い頃から手が付けられない悪童であったが、大人になってからは天才的な軍人となる。どちらかといえば口下手で戦バカ。百年戦争前期における主要な戦闘に参加し、ほとんど勝利を収めている。百年戦争の汚れ役を一手に引き受け、弟に引き継ごうとしている。現在は黒死病(ペスト)に感染しており、その命いくばくもない。祖国イングランドの兵を救うためには、ここで死ぬわけにはいかないと、ブローニュの魔女に協力を要請する。次第に、クロティルドに心惹かれてゆく。

ランカスター公

Duke of Lancaster

Cast: 諏訪部順一

〜兄を殺す宿命〜

ランカスター公 ジョン・オブ・ゴーント(John of Gaunt, Duke of Lancaster)、エドワード黒太子の弟である。王位継承権第二位。敬虔なクリスチャンであり、明朗な頭脳派、王侯貴族達からの信頼も厚い。むしろランカスター公こそ次期国王にという声も大きいが、ランカスター公は心のそこから兄を慕い、尊敬しており、無鉄砲な兄を反エドワード派から守っていた。しかし、信じていた兄エドワードが、ブローニュの魔女と契約を結び、神に背き、黒く染まり始めると、反エドワード派に飲まれてゆき、自らがイングランド国王となる道を歩き始める。

ヘンリー・パーシー

Henry Percy,1st Earl of Northumberland

Cast: 高橋広樹

〜ランカスター公の腹心〜

初代ノーサンバランド伯。史実では叛逆と、敗戦を続けた悲劇の名将。本作では、一歳年上のランカスター公を兄のように慕う従順な部下。その慕う気持ちは常軌を逸したものがあり、もはや崇拝に近く、結果的にそれが全ての破滅を招く。ランカスター公こそ、イングランド国王となるべき器と考えている。敬虔なキリスト教徒であり、戦火を広げる黒太子を黒い悪魔と蔑み恐れている。反黒太子派のトップでもある。

フランス軍

ベルトラン・デュ・ゲクラン将軍

Bertrand du Guesclin

Cast: ----

〜神から才能と醜さを同時に授かった名将〜

百年戦争時代に大活躍したフランス軍の司令官。幼い頃、黒死病で死滅した村、唯一の生き残り。大好きだった兄もこの時失っており、本人も助かったものの、黒死病により顔は醜く歪み、仮面で顔を隠している。史実では「レンヌからディナンまでで一番醜い」と陰口を叩かれていた。王侯貴族たちから毛虫のように嫌われており、数々の功績、そして溢れるばかりの才能のわりに、その評価は低い。それどころかエドワード黒太子相手に敗戦を続けるゲクラン将軍は、「敵と内通しているのではないか?」と国王から疑いをかけられており、イングランド軍を倒し忠誠心を見せねばならない崖っぷちにある。顔とは裏腹に、心は清く優しく高潔であり、兵卒の人望も厚い。

ホークウッド

John Hawkwood

Cast: 朴璐美

〜百年戦争最強の傭兵〜

最強の女傭兵である。この時代、誰しもがそうであったように、腕一つで報酬が高い国の味方となって戦った。そのため、朝はフランス軍、夜はイングランド軍で戦うなどざらにあったが、彼女はゲクラン将軍のみに仕えた。孤児であった彼女を助け、育てたゲクラン将軍は、父であり、神であり、なにより密かに想いを寄せる男であった。ゲクランのためならば命さえいらないと思っており、エドワード黒太子をなんとしても討つべく機会を探っている。

ブローニュの森のヴァンパイア

クロティルド

Chrodechilidis

Cast: 朝倉あき

〜黒い騎士を演じた魔女〜

ブローニュの森の魔女と人々から呼ばれる少女。人ならざる者。超人的な跳躍力や腕力と引き換えに、太陽、香り、水などの弱点を持つ古(いにしえ)のヴァンパイア。実は弟のデフロットは実の弟ではなく、捕食し感染させてしまった赤の他人だった。その罪の意識から現在では、人間の生き血をすすることを好まず、ひっそりと暮らしてきた。人間の血を吸わないので、本来の力は出せないでいる。ブローニュの森、そしてデフロットとの平穏な生活を守るため、黒死病に感染したエドワード黒太子に成り替わり、黒い鎧を纏ってフランス軍と戦闘を開始する。

デフロット

Deflotte

Cast: 釘宮理恵

〜400年前のデフロット〜

クロティルドの弟でクロティルドの補佐。10代に見えるが実はヴァンパイア。戦闘力も高い。黒死病の流行で困ったのは人間だけではなく、捕食対象を失ってしまったヴァンパイアにも食糧難をおこした。デフロットは壊滅した村の生き残りで、腹をすかせたクロティルドに捕食されてヴァンパイアになった。しかし、人間であった時の方が孤独で苦しい生活をしており、クロティルドを憎んではおらず、むしろ人間嫌い。人間の血を飲むことに抵抗がないばかりか、人間社会を憎んでいる。エドワード黒太子に扮する姉に寄り添う理由も、人間を憎むが故である。のちに、MARS RED(大正編)とつながる重要なキャラクター。